初心者向けSEO対策講座

初心者がやっておきたいSEO対策のポイント講座

最初はとにかく基本的な事を学んでサイトコンテンツの充実に努める事が重要

SEO対策のポイントを解説

SEO対策の情報を集めていると、あれもこれもと考えてしまうと思います。

SEO対策は特別な事をする訳ではなく、検索エンジンに自分のサイトの情報を

正しく伝えて理解してもらう事と考えるべきだと思います。

このページではここだけは抑えておきたいポイントを完結にまとめてありますので

参考にして頂ければ幸いです。

SEO対策のポイント1 サイトテーマの統一性

サイトのテーマを明確にしてオリジナリティのあるコンテンツを公開する事

サイトのテーマを明確にするという事は、SEO対策上とても重要なポイントです。

このサイトは何について付言しているサイトなのか?

これをGoogleはテキスト情報を読み込んで理解しようと試みます。

つまりテキスト情報がある程度ないと、テーマをロボットに伝え難くなってしまうという事です。

スキー用品を通販で販売しているサイトなのに、「スキー用品」「通販」「販売」といった

キーワードがサイト上にない、あるいはタイトルタグに明記されていないと

Googleが判断を誤って間違った認識でサイトを見てしまう可能性も出てきます。

  • タイトルタグはページ毎に固有の内容でページの概要を表すキーワードを入れる
  • コンテンツページにも、そのページが何のページなのかをテキストで表現してあげる

上記を踏まえた上で、オリジナリティのあるコンテンツを作成する事が重要だと思います

参考記事

内部リンク構造を分かりやすくしてあげる

内部リンク構造を分かりやすくしてあげる事で、検索エンジンにもユーザーにも

優しいサイト作りが出来る様になります。

内部リンク構造はテーマの大分類から枝分かれした末端のコンテンツページまで

すべてのページで配慮するべき事です。

コンテンツページAからコンテンツページBへ内部リンクを設置する際にも

リンクをするテキストをリンク先ページの内容を表した言葉でリンクする様にします。

この事で検索エンジンはテキストマッチ要因でリンク先ページのテーマを

さらに評価し決定付けする様になります。

  • 重要なコンテンツページはどのページからでも移動出来る様な配慮をする
  • リンクを設置するテキストはリンク先ページの内容を簡潔に表した言葉にする

まとめ

SEO対策は何も難しい事をサイトに施す訳ではありません。

上記でもご説明した通り、サイトのコンテンツを明確に検索エンジンに伝え

サイト内部でテーマを細分化して、それらを関連付ける

そして、各コンテンツページはユーザーにとって有益で役立つ情報であるべきです。

近年はインハウスSEOが主流になりつつあると思います。

正しいSEOの知識を身につけて各社でSEO対策が出来る体制という物を構築するべきです。

また、ウェブサイトのマーケティングをSEOだけに頼らないで、一つの手法として考えましょう。



  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP