無料アクセス解析 Google Analyticsの使い方

各レンタルサーバーやプロバイダーの付属でアクセス解析でもいいですが、

SEO対策 e-searchおすすめのアクセス解析をご紹介致します。

Google Analytics

以下、Google Analyticsより引用

Google Analyticsを使用すると、費用効果の高いオンライン マーケティング活動や

サイト内でのユーザーの行動を簡単に把握できるほか、サイトのデザイン改善に必要な情報を収集し、

関連性の高いトラフィックを集めて、コンバージョンや利益を向上させることができます。

Google Analytics では、最も高い成果をあげているキーワード、最も反応の大きい広告コピー、

最も収益の高いリンク先ページおよびコンテンツを特定できます。

Google Analyticsメイン画面

当サイトが実際に使用している画面をご覧下さい。

AnalyticsTOP画面

検索エンジンからの訪問キーワード

気になる検索エンジンからの訪問キーワードを、日別や週単位などで閲覧出来ます。

analyticsキーワード画面

ページ別で詳しく分析

ページ別に詳しい解析が可能です。画像は上位のコンテンツを現しています。

その他にも、上位の離脱ページなども閲覧出来ます。

ページ別分析

閲覧時間の解析

訪問者がウェブサイトのページを閲覧した時間が分かります

閲覧時間解析

まとめ

ざっと簡単に説明しましたが、大体の内容はお分かり頂けたかと思います。

単純にアクセス解析としても十分な機能があります。

上位の離脱ページなどが分かる為、離脱ページを改善して訪問者を逃がさない様なウェブページに作り変えると言う事も出来ますね。

閲覧時間が少ないページはつまらないページ、検索クエリに対する答えがないページといえます。

ユーザーが何を求めてそのページにそのキーワードで訪問してきたか?

それを考えてコンテンツを修正したり新たなコンテンツを追加したりする事で

より多くの方に、満足のいくコンテンツを見せる事が出来ます。

また、商用サイトでは商品販売ページを詳しく分析したり

コンバージョンに至るまでのユーザーの動きも見る事が出来ます。

特にeコマースのサイトでは、売上のアップに必ず役立つと思います。

このGoogle Analyticsは解析ソースに無駄なリンクを掲載しなくても良いのがいいですね。

他の無料アクセス解析には必ず<noscript>タグや<noframe>タグを使用して、見えないリンクを掲載しないといけません。

Google AnalyticsはGoogleさんが運営しているので、安心してご利用出来ると思います。



  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


Menu

HOME

TOP